タグ
Wordpress

WordPressや通常サイトでYoutubeやVimeoの動画の埋め込みをCSSで簡単にレスポンシブWeb対応にさせる方法

レスポンシブWebで作られたサイトでは自分で作成した画像などはCSSで対応させますが、Youtubeやvimeoなどの外部サービスを埋め込む際にレスポンシブ対応させる簡単な方法をまとめます。Wordpressの投稿などでも簡単に設定できるのでとても便利です。

記事の投稿作業をしやすくする投稿画面のカスタマイズ方法いろいろ|WordPressでビジネスサイトをつくろう【第16回】

今回は記事の投稿時にHTMLなどを記述する必要がある際でも、だれでも簡単にできるように投稿作業を便利にするカスタマイズ方法をいくつか紹介していきたいと思います。

投稿画面内にもスタイルを適用される「editor-style.css」の設定方法や投稿時の自由に入力したい情報をボタンとして投稿できる「AddQuicktag」やビジュアルエディタのボタンを拡張する「TinyMCE Advanced」の使い方を見ていきます。

プラグインを使用してGoogleMapsを簡単に、より場所を正確に読み込む|WordPressでビジネスサイトをつくろう【第15回】

前回は複数のフォーマットのデザインの中で特定のカテゴリや固定ページ、またはTOPページなど場所によってグラフィク画像を適切に表示させる条件分岐のis_home()などをめました。

今回は会社概要ページのアクセスなどにGoogleMapsを読み込む際に便利なプラグイン「Google Maps v3 Shortcode」を紹介したいと思います。

is_homeなどの条件分岐でカテゴリー毎や固定ページに画像を表示させる|WordPressでビジネスサイトをつくろう【第14回】

今回は、そのような複数のフォーマットの中で特定のカテゴリーや固定ページ、またはTOPページなど場所によってグラフィク画像を適切に表示させる条件分岐をまとめてみたいと思います。

こうすることでビジネスサイトでもオリジナルブログでも自分で設定しないでも適切に自動表示させるなどができるので運用更新が少し楽になります。

画像をページ毎に変更する方法はたくさんありますが、今回はif文だけでできる簡単な記述で行なってみます。

特定カテゴリの表示や表示件数を制御するquery_postsの使い方|WordPressでくビジネスサイトをつくろう【第13回】

前回はカテゴリーのスラッグ名を取得してclassに割り当てて投稿時のカテゴリー毎に異なったアイコンを表示させる形を作成しました。投稿する種類によって色違いのアイコンをつけたりすることで視認性をあげる役割ができ簡単な記述で便利に使うことができます。

今回は特定のカテゴリーの中の記事のみを表示させたり、表示させる件数を制御するための「query_posts」についての使い方をまとめてみたいと思います。

こちらもビジネスサイトではページ内容によって決められたカテゴリーの記事のみを表示させたいという場合が多くありますので簡単な記述で特定のカテゴリーの記事を表示できるとても便利な記述です。