ブラウザ全面を使用したページでスクロール位置を自動的に一定の場所にスナップさせる【jQuery連載14】

シングルページサイトの構築で1つの情報になるのかが分かりにくい場合などにマウスホイールに応じてページの先頭部分に自動的にフィットするサンプルを作成します。

コンテンツを自動的に読み込んで無限スクロールさせる方法【jQuery連載13】

次のページを見る際にクリックなどでなく、スクロールした際に自動的に続きのコンテンツを読み込む形をInfinite Scrollプラグインを使用して作成してみたいとおもいます。

masonryでコンテンツを隙間なくレイアウトする際の表示方法のバリエーションいろいろ【jQuery連載12】

masonryプラグインを使用して、カラム(写真などコンテンツを含んだひとまとまりの要素)を一定サイズに整然と並べるのではなく、それぞれの持つ幅や高さを生かして、タイル状に隙間無く敷き詰めるレイアウトを作成します。

ブラウザの幅全体をメイングラフィックにするスライドショーを作成する【jQuery連載11】

ページ上部のメイングラフィックスペースに複数の情報を表示させるようにするスライドショーを作成する。今回は、メインの画像が中央に、その両側には前後のグラフィック画像に黒い半透明の画像が被さった状態で表示されるスライダーを作成します。
前後の画像が両側に表示されるため、ウィンドウサイズが変わっても横幅いっぱいに画像が表示され、よりグラフィカルなイメージを与えることができます。

サイドからクリックで展開するスライドナビを作成する【jQuery連載10】

ウェブサイトでスクリーンサイズ目一杯の大きな画像を使用したり、海外の画像共有サイトPinterestのように大量の画像をコンテンツとして敷き詰めるサイトのようなクリックで開閉するスライドメニューの作成を行います。