カテゴリー
ゼロからHTML5サイト制作

HTML5の「コンテンツ・モデル」についてまとめました【MdN連載第7回目】

HTML5でコーディングする場合に、知っておくべきことの一つに『コンテンツ・モデル』があります。『コンテンツ・モデル』とは、各要素ごとに内包できるコンテンツを定義したものを言います。つまり、要素ごとにどんなコンテンツを入れて良いのかが決まります。

HTML5からは『ブロック/インライン要素』の概念がなくなり、『コンテンツ・モデル』『カテゴリー』を意識することになりますので基本の考え方を学びましょう。

HTML5のカテゴリーの種類についてまとめました【MdN連載第6回目】

HTML4では、要素ごとにブロック要素、インライン要素というわけ方があり、インライン要素の中にブロック要素が使えなかったりなどタグの使い方にルールがありましたが、HTML5ではブロック要素、インライン要素というわけ方はしなくなり、要素ごとに目的に応じたカテゴリーという形で分けられています。今回はそのカテゴリーについてまとめてみたいと思います。

HTML5の勉強を始めた際に使い方に迷う新要素「article要素」の基本と使い方をまとめてみました【MdN連載第5回目】

前回はセクショニング・コンテンツの要素の中で定義が漠然としていて使い方がわかりにくいとよく言われている「section要素」についての基本とサンプルをまとめましたが、今回はもうひとつわかりにくい要素の「article要素」の要素をまとめてみたいと思います。

HTML5の勉強を始めた際に使い方に迷う新要素「section要素」の基本と使い方をまとめてみました【MdN連載第4回目】

HTML5の勉強を始める際に新要素の使い方などを勉強すると思いますが、その際にまず迷うのが「secion要素」と「article要素」ってどう使い分けるのだろうか?という疑問にほとんどの人が行きつくとおもいます。しかしこれはコンテンツの原稿によっても変わるものなので何もない段階で要素だけ見て「secion要素」はこうする、「article要素」はこうするという絶対的なルールはありません。そこでまずは「secion要素」の基本と簡単なサンプルでまとめてみました。

【MdN Design Interactive連載連載 第3回目】HTML5で新しく定義された新要素をまとめよう

今回は前回の使い方が変更になった要素の続きとして、HTML5になって新しく定義された新要素(タグ)も多くあります。その中からまずいままでのページ作成で使用している中で新しくなったタグをまとめていきます。video要素、audio要素など今までのプラグイン的な扱いの要素はいきなりでは難しいですし、ブラウザでの対応状況がまちまちで実際すぐにサイト制作に用いるということはまだあまりありませんので、まずは通常のページを作る際に使う要素をまとめてみたいと思います。