カテゴリー
jQuery活用サンプル

masonryでコンテンツを隙間なくレイアウトする際の表示方法のバリエーションいろいろ【jQuery連載12】

masonryプラグインを使用して、カラム(写真などコンテンツを含んだひとまとまりの要素)を一定サイズに整然と並べるのではなく、それぞれの持つ幅や高さを生かして、タイル状に隙間無く敷き詰めるレイアウトを作成します。

ブラウザの幅全体をメイングラフィックにするスライドショーを作成する【jQuery連載11】

ページ上部のメイングラフィックスペースに複数の情報を表示させるようにするスライドショーを作成する。今回は、メインの画像が中央に、その両側には前後のグラフィック画像に黒い半透明の画像が被さった状態で表示されるスライダーを作成します。
前後の画像が両側に表示されるため、ウィンドウサイズが変わっても横幅いっぱいに画像が表示され、よりグラフィカルなイメージを与えることができます。

サイドからクリックで展開するスライドナビを作成する【jQuery連載10】

ウェブサイトでスクリーンサイズ目一杯の大きな画像を使用したり、海外の画像共有サイトPinterestのように大量の画像をコンテンツとして敷き詰めるサイトのようなクリックで開閉するスライドメニューの作成を行います。

PCとスマートフォンで画像を切り替える【jQuery連載09】

PCとスマートフォンなどのモバイル端末でレイアウトを最適化させる為の手法のひとつとしてレスポンシブレイアウトが使われるようになっているが、同じソースコードしてCSSなどでレイアウトを変更させるので作成は比較的用意だが、なにもしない場合は画像は双方で使用されてしまうため、グラフィックを多用するサイトではレイアウトは最適化してもデータ量は同じものとなってしまう。そこでデバイスによって使用する画像を切替えるようにしてスマートフォンでは軽量な画像を自動的に振り分けるようにしてみる。

SNSのボタンをまとめて配置する【jQuery連載08】

自身のサイトやブログを拡散させるために使用するソーシャルボタンですが、それぞれ使用するサイトからひとつづつ作成することはできますが簡単にまとめて設置ができるプラグイン「jQuery.socialbutton」を使用してソーシャルボタンを設置してみます。